一斗缶観測日記

最近はワールドトリガー関係の投稿が増えていてワートリ観測日記になりつつある……。

遠征選抜試験関係の記事のまとめ

 ワールドトリガーの遠征選抜関係の記事をいくつか書いてきて、量が多くなってきたので一度整理しておきます。

 何気にこのブログでワートリ関係の記事は意外と閲覧数が多いです。たぶん、ワートリ関係の記事を片っ端から調べてるワートリファンの人がいるのかと思います。私も覚えありますが、ワートリって考察しがいがありすぎるので、感想や考察を見るのが楽しいんですよね。

  

  • チーム分けの表

【最終版】ワールドトリガー遠征選抜試験のチーム分けを表にまとめてみました

 

  •  各チームの考察(BBFのパラメーターも追加)

 

  • その他

 

 

 

calibreを使ってKindle本をepubやzip形式に変換する方法

Kindle本はタブレットスマホで見れて便利ですが、ネット環境が必須で、オフラインで見るには専用アプリでダウンロードしておく必要があると思っていました。

ただ、調べたところKindle本を別形式に変換する方法もあると聞いたので、その方法をメモしておきます。

 

参考サイト

Kindle書籍のDRMを解除しePub形式に変換する(縦書き対応)(2019/02/16 追記)

https://hrvtuirvw.net/blog/kindle-epub/

 

必要なもの

・購入したKindle

Kindle for PC(Amazonが提供しているKindle閲覧用アプリ)

calibre電子書籍の変換ツール)

・DeDRM_tools(DRMを解除するプラグイン

 

手順

  1. Amazonの公式サイトから「Kindle for PC」をダウンロードしてインストールする
  2. calibreをダウンロードしてインストールする
  3. DeDRM_toolsをダウンロードして解凍する(DeDRM_tools_7.1.0.zipをクリック)
  4. calibreを立ち上げて、上部のメニューの設定をクリック。

    f:id:fuelok:20210323235450j:plain

  5. 【高度な設定>プラグイン】を選択し、【ファイルからプラグインを読み込む】を選択する。f:id:fuelok:20210323235453j:plainf:id:fuelok:20210323235456j:plain

  6. 「3.」で解凍したプラグインを取り込む。これで必要なツールの用意はOK。次はKindle本をダウンロードする。

    f:id:fuelok:20210323235459j:plain

  7. Kindle for PCを起動して、Amazonのアカウントでログインする(初回のみ)
  8. 読みたい本を右クリックして、【ダウンロード】する
  9. Kindle本は「C:\Users\【ユーザー名】\Documents\My Kindle Content」に保存される。見つからない時は【ツール>オプション>コンテンツ】でディレクトリを確認する。
  10. calibreを起動して、上のアイコンから【本を追加】を選ぶ。複数を選択する場合は横の▼を選んで、【ディレクトリとサブディレクトリから追加】でさっき見つけたフォルダを指定すると楽。

    f:id:fuelok:20210323235503j:plain

  11. 次に、calibreに追加された本を選択して、上のボタンから【本を変換】する。
  12. 実行確認画面になるので、右上の出力フォーマットを選んで、【OK】を押せば変換される。DRMのバージョンなどによっては失敗することもあるらしい。

    f:id:fuelok:20210323235506j:plain

  13. 著者名→作品名となっているので、「C:\Users\【ユーザー名】\Calibreライブラリ」の中から該当するフォルダを開く。
  14. コミック本の場合は少し深めの「images」というフォルダにまとまっている。ただ、表紙だけは1個上の階層に「cover.jpeg」というファイル名で保存されているので、コピペする必要がある。

    f:id:fuelok:20210324000646j:plain

  15. 後は自由に調整する

     

【ワールドトリガー】遠征選抜試験のチーム別のパラメーターをまとめました

 ワールドトリガーの今月の話を読んで、チームごとの試験の順位を考察することが重要そうであることがわかったので、チーム別のパラメーターを整理しました。

Twitterに乗せたバージョン↓

 

 例によって今回もワールドトリガーwikiの以下のページを参考にさせていただきました。

キャラクターパラメーター - ワールドトリガーwiki@2ch

 

  • 遠征選抜試験のチーム別のパラメータ合計

※パラメーターが判明してないキャラは試験の参加者のパラメーターの平均値で算出しています。

「」つけたキャラはパラメータ不明のため、試験に参加する全隊員の平均値を入れて計算 トリオン  攻撃    防御/援護 機動    技術    射程    指揮    特殊戦術  トータル 
1番隊:歌川・志岐・「漆間」・空閑・巴 25 30 28.8 32 30 11 16 17 191.2
2番隊:「王子」・仁礼・辻・「生駒」・「帯島」 28 29 30 26 31 15 18 11 188
3番隊:柿崎・藤丸・影浦・別役・犬飼 27 33 23 26 31 17 17 11 185
4番隊:北添・染井・「外岡」・菊地原・「南沢」 31 28 28 26 30 16 17 17 193
5番隊:車・小佐野・穂刈・小荒井・弓場 24 29 25 25 30 17 16 12 177.5
6番隊:古寺・六田・奥寺・三浦・木虎 20 26 26 28 31 15 17 10 173
7番隊:諏訪・宇井・「隠岐」・三雲・香取 21 28 22.8 25 27 14 20 11 170.2
8番隊:二宮・加賀美・東・雨取・絵馬 65 30 29 19 34 33 20 9 239
9番隊:「水上」・今・荒船・「樫尾」・照屋 27 28 28.7 24 31 20 19 13 191.4
10番隊:村上・氷見・堤・熊谷・「蔵内」 26 30 32 27 32 12 17 10 187
11番隊:若村・細井・半崎・笹森・「ヒュース」 23 25 29 23 32 21 11 16 181

 

  • 各パラメータの意味

トリオン…トリオン能力のレベル
攻撃…敵にダメージを与える能力
防御・援護…味方を支援・防御する能力
機動…移動の速さ、身軽さ
技術…攻撃・防御の正確さ、精密さ
射程…技術と武器による射程の長さ
指揮…状況を見て部隊を指揮する能力
特殊戦術…独自の戦法のレベル、使用する頻度

 

  • 考察(二宮8番隊をメインで)

 当然というか、大方の人の予想通りで、二宮8番隊がかなり強いです。「トリオン」「技術」「射程」「指揮」「トータル」のすべてでトップの数値をたたき出しています。トリオンは65と断トツで、2位の北添4番隊31、3位の王子2番隊28と、2位以下と比較しても倍以上のトリオンになっています。

 トータルを見ても二宮8番隊239、2位の北添4番隊193水上9番隊191.4、他の隊と比較しても大きく上回っています。

 意外だったのは指揮の数値で、二宮8番隊20と並んで、諏訪7番隊も指揮が20のチームだということです。唐沢さんが言っていた「隊長経験者が3名いる」というのはパラメーターにも表れていたようです。

 また、本編で言及された機動の数値を比較すると、1位の歌川1番隊32、2位の古寺6番隊28、3位の村上10番隊27となっています。二宮8番隊19で最下位です。メンバーがスナイパーとシューターのみであることを考慮すると、射程が十分にとれれば機動はそれほど必要ありませんが、千佳個人は機動3とボーダー全体でも最下位クラスで足を引っ張る可能性があります。機動を考慮して、千佳を単独行動させるような場面もあるかもしれませんが、千佳に危険な役目を任せようとするとユズルが反発するかもしれません。

 今回の臨時部隊のうち千佳、ユズルともにまだ幼く、感情で行動してしまうことがあります。中学生なのでそれも当然といえば当然なのですが、二宮は良くも悪くも千佳やユズルを子供としては見ないような気がします。あくまで本来の二宮隊のメンバー(犬飼・辻)相手の時のように淡々と命令を下しそうな気配があります。状況によってはそれが裏目に出ることがあるのではないかと思います

 

閉鎖環境試験の各部隊評価のメモ(第206話「遠征選抜試験④」より)

ワールドトリガー第206話「遠征選抜試験④」で、A級部隊の面々が閉鎖環境試験における各チームの順位を予想して話していた内容を整理します。

 

遠征選抜に関する記事をまとめたページ↓

遠征選抜試験関係の記事のまとめ

 

【閉鎖環境試験に有利そうな部隊】

 →古寺が学年トップ、木虎もお嬢様学校、奥寺・三浦もフォロー力高い

 →頭の良さ最強。全員が超秀才

 →メンバー全員が協調性の鬼。人間性がド安定

 

【閉鎖環境試験がまあまあな部隊】

 →飴(来馬)とムチ(弓場)でバランスが良い

 →言及なし。……読者的に不安要素は三雲・香取の仲ぐらい?

 

【閉鎖環境試験に不安要素がある部隊】

 →志岐が男の人が苦手(ただ同年代2名、年下2名なので少しマシ)

 →漆間が他の隊員と絡んでいた記憶があまりない

 →空閑が近界民

 →辻が女子相手だと緊張する。……辻って帯島もちゃんと苦手がるのでしょうか。

 →影浦のサイドエフェクトは集団生活にむかない

 →影浦が犬飼を嫌っている

 →太一という爆弾

 →菊地原が耳が良いので集団生活(特に騒がしい南沢)というストレス

 →北添が隊長として優しすぎるような気もする

 →二宮さんが中学生組とのコミュニケーションがとれるか

 →東さんは二宮さんが『お願い』しない限り助けない、そして二宮さんは『お願い」はしなさそう

 →ヒュースが近界民

 →それを知ってる部隊は10位・11位予想。それを知らない片桐隊は5位の評価

 →ヒュースが甘えんボーイ(空閑よりも社交的でない)

 

 

【感想】ワールドトリガー 第206話「遠征選抜試験④」

あらすじ:

  • 遠征選抜試験第1試験の審査官がA級隊員たち。A級隊員は、(1)今回の試験の成績順を予想(閉鎖環境試験、長時間戦闘試験それぞれ)し、(2) 閉鎖環境試験では能力・人格面で審査する
  • 長時間戦闘試験の順位予想は1位は二宮8番隊、二位は歌川1番隊、
  • 閉鎖環境試験の順位予想は古寺隊、村上隊、水上隊、来馬隊あたりが上位。低いのは若村11番隊(特にヒュースが近界民と知っている部隊からは最下位に近い順位)

 

感想:片桐隊・草壁隊の面々が見れてうれしい。相変わらずの情報量でうれしい。

 ワートリではそれぞれのキャラが自分の知っている情報をもとに判断していて、それがきちんと描写されているのが良いですよね。空閑の評価に関しても、日常的に接している玉狛第1は人懐っこいから大丈夫と評価してますが、普段の空閑をあまり知らない嵐山隊は近界民である点も考慮して難しい部隊になると評価していたり、諏訪7番隊の修・香取の組み合わせを見て、壁隊オペの早紀は「機動力に差があるから不利、戦略の差がでている」と判断していますが、ワイヤー陣の存在を知っている緑川はそれを微笑ましくみていたり、自分の知っている情報に基づいてちゃんと誤解させることができているのはすごいと思います。

 そういえば各部隊を考察するときにトリオン量とか性格的な相性ばかりで考察していて「機動力」はあまり意識していませんでした。これってかなり重要な要素ですよね。特にガンナーはアタッカーをサポートすることも多いので、アタッカーと機動力に差がありすぎるとうまく連携できなかったり、アタッカーの持ち味を損なってしまいますし。

 あと、二宮8番隊は東さんがいるから閉鎖環境でも大丈夫だと思っていましたが、東さんのスタンスを考慮に入れるべきでした。確かに東さんの性格を考えるとあくまで駒の一つに徹するでしょうし、二宮さんの性格を考えると助けを求めそうにありません。この辺を考えると二宮さんとユズルの間にひと悶着起こるフラグが着々と建設されている気がします。

 いよいよ遠征選抜第1試験(閉鎖環境試験)が開始されます。1週間の間に各部隊でどんな出来事が起きるのか、ますます目が離せません。

 

 

雑記(読みながら適当にメモったこと)

  • しれっと出てる3/16の「隊長面接」ってどんな話をするのか気になる
  • 真木理佐さん……冬島さんを隊に引っ張り込んだ手口から強そうな印象がありましたが、のっけから(しかも録音するといわれた直後から)「予想も糞もないね」「雑な試され方にちょっとムカついただけ」と一蹴してるの強い。そりゃ冬島さんも「真木ちゃんこえー」となりますよ。
  • 閉鎖環境試験の順位予想をする時に不安要素の有無から判断するのは賢い方法ですね。
  • 漆間の『いつもの動き』ってやっぱり隠密行動なんでしょうか。それを周囲がサポートして連携する形になるのかな。
  • 嵐山隊での空閑の評価が意外でしたが、考えてみるとランクも違いますし、嵐山隊の面子が普段の空閑と接する機会って少ないんですよね。
  • 一方で玉狛第1は空閑は大丈夫と評価してますが、ヒュースが甘えんボーイだったとは……。電子レンジをぶっ壊してる場面でも「玄界の装置がおかしな動作をしてる」と堂々と開き直ってきそうです。
  • ツノ無しトリオン体で1週間ぐらいは過ごせそうですが、他のメンバーにはどう説明するんでしょうか。那須さんみたいな病弱設定でもいれるとか?
  • 双葉ちゃんにもうるさ……にぎやかと思われている南沢。そしてそれと同格の緑川。
  • 加古隊トラッパー喜多川の「ぞえさんすごくまるい」にはお前もなと突っ込みを入れたくなります
  • 喜多川が菊地原を「士郎(シロ)くん」と呼んでましたが、何かかかわりあるんでしょうか。
  • 犬飼が刺さってくる感情と外面が一致しないって怖い。笑顔の裏で何考えてるんだこの人。
  • やっぱり太一は爆弾なのね……。
  • 「あの二宮隊のオペなんだから人間できてる」の説得力の高さ。
  • 氷見はとりまるファンで緊張癖があるので、とりまるからすると落ち着いた印象はないんですね。
  • 太刀川がちゃんと頭を使って分析しているなんて……太刀川じゃないみたい。
  • 東さんは自身が隊長でないからあまり出張らないと予想しているのが、東さんの戦術面の弟子である月見と、その弟子(東さんの孫弟子)にあたる太刀川であるというのが師弟関係がしっかり描かれていてうれしい。
  • アイアムまあまあアホを自称する小佐野のドヤ顔がかわいい
  • 片桐隊が「オレらがいない間にB級の順位けっこう変わってるもんなー」と言っていたので、さすがにA級になるとB級の分のログをすべてチェックしてる時間はないみたいですね。スカウトの旅に出てたのもあるでしょうけど。
  • 機動力……! 盲点でした。さすがオペながら草壁隊隊長なだけありますね。
  • 夜間の戦闘は全く想定してませんでした。あと視覚支援も地味にトリオンを消費するんですね。B級戦で当たり前のように使われていたので、トリオン消費関係ないのかと思ってました。
  • 宇井の周りにネコが描かれているのは彼女が猫好きのねこ座だからです。そういうファンしか覚えてないようなことも反映されているの大好物です。
  • 唯我が三雲の成長を誇らしげに語るのかわいい。やっぱりライバルですねぇ。
  • 唐沢さんが諏訪7番隊を評価した時の根津さんと鬼怒田さんの一瞬の間が面白い。やっぱり唐沢さんの三雲びいきは周囲からも明らかだったのかと笑う。
  • ただ、唐沢さんの言う隊長経験者が3人っていうのは興味深いですね。普段指示することに慣れていないと、それこそ直前の若村みたいにレーダーばかり確認してしまうかもしれません。他にも指示の受け取り方だったり、連携の仕方に地味に影響出そう。

 

 

遠征選抜に関する記事をまとめたページ↓

遠征選抜試験関係の記事のまとめ - 一斗缶観測日記

 

「雪が解けて水にならない……偽物の雪だ! 陰謀だ!」「いや、雪が気体になっただけなんだけど」なニュース

f:id:fuelok:20210223003810j:plain

 

 ライターの火を雪に近づける動画がTik Tokで流行っているそうです。なぜそんなことをしているのかと思えば、ある人物が環境問題を信じさせるために作った「偽物の雪」であることを証明するためにやっているそうで、なんとも驚かされます。

 動画の中で雪の固まりにライターの火を近づけてみると雪がへこみますが、その下に水たまりはできていません。この現象を見た一部のユーザーが「ライターの火を近づけても水にならない! これは偽物の雪だ!」と動画を上げ、それが何百万回と再生されています。あるユーザーは「この(偽物の)雪には金属が混ざっているから電子レンジに入れたら火が出るだろう」と主張しているそうです。

 

 言うまでもありませんが、これは本物の雪でも起きる現象です。雪の固まりにライターの火を近づけると、雪が融けて水になるよりも先に気化してしまう「昇華」という現象が発生します。そのせいで液体状態の水が発生しないため、まるで雪が解けていないように見えます。

 偽物の雪に関する陰謀論として、「ビル・ゲイツが気候変動を人々に信じさせるために偽物の雪を作ったのだ」というトンデモ論が注目を集めているようです。ちなみにこの手の陰謀論は2014年頃にも流行っていたようで、当時も似たような動画が投稿されていたようです。

 最近この陰謀論が再び注目されるようになったのは

  1. テキサス州というめったに雪が降らないところで雪が降り、多くの人が生まれて初めて雪を見たということ。
  2. ビル・ゲイツは気象制御することで気候変動問題に対処しようというアイデアを実際に持ったことがあるということです。(大気中に炭酸カルシウムを噴霧して太陽の光を反射するという壮大な方法らしい)

 一部のウェブサイトが熱心にこの陰謀論を否定しようとしているのは、昔「ポパイ作戦」が実際に行われたことがあるかもしれないとニュースには書かれています。

 このポパイ作戦は1967-1972年に実施された作戦で、年間300万ドルかけてベトナムの天候を変えようとしたものです。飛行機で化学薬品をばらまいて雲を発生させ、雨季を長引かせることで敵の補給を遅らせるのが目的でした。実際に人工降雨で平均1か月~1か月半ぐらい雨季が長くなったそうです。極秘作戦でしたが情報がリークされ、その後気象操作行為は禁止されるようになりました。(参考:ポパイ作戦 - Wikipedia

 雪が本物かどうかは自分で簡単に実験できますが、陰謀論信者の意識を変えることはそう簡単ではなく、現在も偽物の雪であることを証明しようとする動画がアップロードされているようです。

 

 

以下、面白かった部分の抜粋と適当に翻訳。

the woman from our earlier video actually did put some of her “fake snow” in the microwave to prove that it was all a hoax filled with metal. And to absolutely no one’s surprise, the snow didn’t start sparking. There was no metal.

→前の動画の女性は「偽物の雪」を電子レンジにかけ、その雪が金属の混ざった全くの偽物であることを証明しようとした。そして、当然誰一人驚かないが、雪から火花が出ることはなかった。その雪には金属は含まれていなかった。

 

Who’s creating this “fake” snow that’s falling from the sky all around the world, according to the conspiracy theorists? Bill Gates, of course, the evil puppetmaster behind so many of the world’s ills right now—from the covid-19 pandemic to secret tracking chips inside all of the world’s coronavirus vaccines.

→世界中で降り続けている「偽物の」雪を作った人物は(陰謀論者によると)誰だろうか? それはもちろん、ビルゲイツである。この邪悪な操り人形使いは、新型コロナウイルスパンデミックからコロナワクチンにかこつけた追跡チップの埋め込みまで、世界の病気を裏から操っている

 

遠征選抜試験のチームを分析してみた(11番隊:若村・細井・半崎・笹森・ヒュース)

 来月以降のワートリで遠征選抜試験が盛り上がっていくと思うので、今のうちに各チームを分析してみようかなーと思います。ラストは若村率いる11番隊について。

  参考にするのは原作と公式データブック(BBF)、あとはワールドトリガーwiki@2ch。せっかくなので各キャラからwikiへリンクも貼ることにします。

 

<前の記事>10番隊:村上・氷見・堤・熊谷・蔵内

 

  →遠征選抜試験関係の記事のまとめ

 

  • 戦闘員

名前             ポジション     トリオン  攻撃    防御/援護 機動    技術    射程    指揮    特殊戦術  トータル 
若村麓郎 ガンナー 6 6 7 6 7 4 3 3 42
半崎義人 スナイパー 5 6 8 4 11 11 1 5 51
笹森日佐人 アタッカー 5 6 7 7 6 2 3 5 41
ヒュース アタッカー                  

 

  • オペレーター

名前      ポジション トリオン   機器操作   情報分析   並列処理   戦術     指揮     トータル 
細井真織 オペレーター              

 

チームとしてそれぞれのメンバーを見た場合、

  • 若村麓郎(リーダー)→香取隊のガンナー。17歳。突撃銃型のアステロイド・ハウンド、カメレオンを装備。慎重な性格で、特攻しがちな香取を諫めたり援護したり、サポートスキルが高めです。直前のランク戦では、香取が成長した姿を見せたのに対し、若村はリーダーという役職をこなすのに精いっぱいで、うまくチームを動かせず、トラップを食らって早々に緊急脱出してしまいました。しかも緊急脱出後は動揺して香取への指示出しができず、華さんが代わりに指示を出した始末です。元の隊でも隊長ではなく、特に適性があるわけでもなさそうですが、今回なぜリーダーとして選ばれたのか不思議です。もちろん全然実力がないというわけではなく、柿崎隊の巴の側面からのハウンドをとっさに防いだり(シールドを動かした隙に追撃されてましたが)、修にやられる直前に三浦に空閑を警戒するよう呼び掛けたり、冷静に戦えればもっと実力が発揮できるのではないかと思います。
  • 細井真織→生駒隊のオペレーター。17歳。パラメーターの並列処理は不明ですが、現時点で4人部隊の生駒隊のオペをやっていることから4人オペにも十分対応できることが推測されます。自分がかわいいと言われたことがないことを気にしたり、生駒隊のみんなからかわいいを連呼されて照れたり、かわいらしい一面があります。兄2人の環境で育った李、男だらけの生駒隊でもうまくやっているので、今回の閉鎖環境でも大丈夫そうです。
  • 半崎義人→荒船隊スナイパー。16歳。イーグレット、バッグワーム、シールドというシンプルなスナイパーです。イーグレット以外の攻撃手段を全く装備してないのは珍しいですね。荒船隊の帽子を被ってる方のスナイパーです。いつもダルがってますが精密射撃の名手として奈良坂と並んで名前が挙げられるほどで、「サカナをよけて本体に当てるゲーム」に参加できるレベルの腕前とのことです。ダルがっているのは向上心の表れだったりするのかもしれません。
  • 笹森日佐人→諏訪隊のアタッカー。16歳。弧月・旋空・カメレオンを装備。地味な外見ながら登場するごとに成長がうかがえる期待株です。大規模侵攻では諏訪さんを取り戻すために戦うと伝えるものの風間さんに一蹴されましたが、その後のエネドラ戦で囮を引き受けたり、己の役割を考えて行動できる冷静さを身に着けています。基本はカメレオンを使用して奇襲を行うことが多いです。ヒュースと弧月のみで勝負した時には1本とったり、ランク戦で熊谷と相打ちに持ち込んだり、マスター級ほどではないにしてもアタッカーとしては十分な実力者です。
  • ヒュース→玉狛第2(三雲隊)のアタッカー(上位相当)。16歳。弧月・旋空・バイパー・エスクード・メテオラを装備。角トリガー装備時はトリオン16の逸材です。本当は近界民という色々と入り組んだ事情があるカナダ人です。弧月1本での勝負だとアタッカーランク6位の生駒とほぼ互角の実力を見せています。しかも本人は自身の腕が鈍っていると認識しており、調子が良い時はそれ以上の実力なのかもしれません。那須ほどではありませんが変化弾(バイパー)の軌道をリアルタイムで引くことができ、直近のランク戦でもバイパーを使って生駒を落としていました。ランク戦で生駒隊・弓場隊・二宮隊に集中砲火されて一定時間しのいで1ポイント稼ぐというのはぶっちゃけやばいと思います。近界民という秘密があること、良くも悪くも率直に伝えてしまうので他メンバー(特に若村)と衝突しないかが不安材料です。

 

 アタッカー、ガンナー、スナイパがそろっておりバランスが良いです。ヒュースはシューター寄りの立ち回りもできそうなので、中距離戦闘もこなせそうなチームですね。

 リーダーの若村は当初は単なる香取隊のメンバーの一人でしたが、最近になって出番が増えてきて修に次ぐ第二の眼鏡などと呼ばれています。トリオン量や戦闘力は修よりマシなものの、予想外の事態に動揺して攻撃を受けたり、緊急脱出した直後に動揺して指示を出せなかったり、指揮官としての判断力や安定感に欠けています。良くも悪くも17歳の少年らしい未熟さがあるので、今回の遠征選抜試験でどのような成長が見られるか楽しみです。

 メンバーの大半は若村自身が組みやすさで選んでいるので連携や情報伝達などは問題なさそうですし、オペレーターの細井も4人部隊経験者なのでその点も心配ありません。最大の懸念材料はやはりヒュースの存在でしょうか。

 ヒュースは発言が素直過ぎるので、若村の未熟な指揮だと「妥当性がない指示には従えない」と反発するのが予想できます。作戦のダメ出しや対案をはっきりと本人に伝えてしまうので若村をへこませてしまいそうです。そのせいでさらに指示が遅れたり、決断できなくなったり、悪循環に陥る恐れもあります。玉狛第二だったらペンチメンタルの修とサポートの鬼の空閑がいるのでなんとかなりますが、即席チームだと周りのメンバーがサポートしきれないかもしれません。裏を返せば若村の欠点や苦手なところが明確になる良い機会なので、ぜひヒュースから指揮官として必要なものを学びとってほしいところです。

 あと、ヒュースは近界民なので身の上話をするわけにもいかず、共同生活が地味に大変かもしれません。あと、見た目(角なし状態)はトリガーでの換装によるものなので、試験中はベイルアウト先もチームごと分けるとかなったら困りそうですね。